スーパートップ工法

スーパートップ工法全周回転式オールケーシング工法

スーパートップ工法とは、場所打ち杭工法のひとつで、全回転チュービング装置により、ケーシングを全回転させながら、押込み圧入する工法です。スーパートップ工法に使用される全回転チュービング装置RT シリーズは、クラス最上級の高トルクとクサビ型チャック機構により、高い切削能力をもち、転石のある地盤や旧構造物の鉄筋コンクリート基礎がある地盤など、従来は難しいとされていた施工条件化においても安全かつ高能率で、大深度、大経口の施工が可能な工法です。日本車両で昭和62 年に開発され全国で5000 件以上の施工実績のある信頼の技術です。
スーパートップ工法画像

困難なオールケーシングの大深度堀削を安全に施工するためには、高い鉛直精度を維持しながらケーシングを押し込む機能「チャック装置」の信頼性が大きなポイントになります。スーパートップ工法に使用される日本車両の全回転チュービング装置(RT)は、特許取得のクサビ型チャック装置とクラス最大級の回転トルク・引抜力を持っています。
また岩石の効率的・経済的な切削をめざして、ビット荷重を一定の値に保持することが可能な、マイコン内臓のケーシング押し込み自動制御機構(B-CON 機構)を開発しました。

スーパートップ工法画像
コンパクト設計
全てのスーパートップ機はクサビ型チャック機構とコーンベアリング、さらに同一軸上に配置したストラトシリンダ・水平ジャッキシリンダ(除RT-150LC、RT-200L)など、全巾(W)を限りなく短くする配慮がなされています。敷地境界線に接近した杭施工・障害物撤去工が可能になりました。
クサビ型チャック機構の利点
バンド式チャック機構と比較してチャックの位置に関係なくケーシングの締付が可能です。また高い鉛直精度やケーシングの引抜き抵抗が大きくなるなどチャック力が増大するなど、優れたチャック性能が本機構の大きな特徴のひとつです。
PAGE TOPへ

ACCESS

株式会社 徳重

〒771-0203 徳島県板野郡北島町中村字本須107番地
TEL.088-698-4595 FAX.088-698-6932

お電話にてお気軽にお問い合わせください

TEL.088-698-4595